ベストリフォームのスタッフが、トレンドキーワードに沿って、事例から見えてくるリフォームのポイントを解説します。

リビングリフォーム

家族が集うリビング。家を考えるうえで重要な場所ですね。家族みんなにとって居心地のいいリビングを作るには、どうしたらよいでしょうか?事例を参考にしながら、あなたの家に合うリビングのイメージを膨らませてみてください。

ホームシアター

部屋を暗くして大きなスクリーンで映画を観たい。映画好きでなくても、ホームシアターにはあこがれます。映画だけでなく、大画面の臨場感あふれるサウンドで大好きなドラマやテレビ番組を観れば、いつもとまったく違った映像に感じられそうです。

ホームシアターを作りたいと思ったとき、何から考えていけばいいでしょうか。まずはどこまでこだわるかを検討しましょう。スクリーンをつけるのか、電動式にするのか、プロジェクターを造りつけで上部に設置するのか、5.1チャンネル再生に対応させるのなら、後ろのスピーカーをどこに設置するかなどです。

防音対策に音を吸収する内装材を使う、外からの光漏れを防ぐ遮光対策をする、照明を適度な暗さにできる調光機能のついたものにするなど、こだわりどころは満載ですので、予算と優先順位を考えながら、計画を立ててみてください。

リフォーム事例1
プライベート映画館のようなドラマティックホームシアター

リフォーム事例1 イメージ

左手にある収納が緩やかにカーブしていて奥の床面が広がる為、視覚効果により奥行きを感じる室内となっています。この収納は手前側の扉が付いてるスペースには生活感を感じる物を入れ、奥の開放棚にはフォトフレームや花を飾ったりして毎日の生活をドラマティックに演出できるこの部屋のアクセントとなっているようです。

天井には、防音と音の拡散防止の為に吸音性に優れた岩綿吸音板を使用。照明はシンプルにダウンライトを配置しました。プロジェクターも天井吊りにし、ケーブル類は天井裏に配線し、すっきりとしていますね。

このこだわりホームシアターは、まるで小さな映画館のよう。自宅にいながらにして本格的に映画を楽しめるなんて至極の贅沢ですね。
事例詳細はこちら>>

デザイナーズリフォーム Awn(有限会社 セレナ) 会社詳細

対応エリア 東京都(江東区・墨田区・江戸川区・葛飾区・台東区・中央区・千代田区・荒川区・文京区)、千葉県(浦安市・市川市[一部地区])

カタログ請求

リフォーム事例2
英国風のシックでエレガントなホームシアターリビング

リフォーム事例2

英国の執務室をイメージしたというリビング。家具や壁、床がダークブラウンで統一され、高級感があります。この部屋に、現代的で相反するイメージのホームシアターが設置され、一見ミスマッチしそうなこの2つをうまく融合させている好事例です。

スクリーン反対の壁には壁面収納があり、そこにプロジェクターとウーハー(低音域を受け持つスピーカーユニット)が格納され、背面のスピーカーは壁面収納前の天井に埋め込まれています。

照明は、スクリーン背面にLEDのダウンライトが設置され、ソファーからでも調光できるようになっています。さらにソファーにもLEDライトが取り付けられ、暗い中でも手もとを明るく照らしてくれます。

また廊下には、AV機器を全て収納するスペースがあります。こちらは後ろから配線がいじりやすいよう収納背面が2枚上下の扉になっており、簡単にはずせるそうです。

細かいところに様々なこだわりがあり、ステキな英国風リビングの雰囲気を壊さず、かつ機能性も高いホームシアターリビングです。

事例詳細はこちら>>

リフォーム事例3
ゆったりとソファでくつろぎながら大画面で映像を楽しむ

リフォーム事例3

写真右手に写っているダークブラウンの家具は、普段はテレビ台で、スクリーンを下げればホームシアターに変身します。スイッチ1つで全ての照明の調光ができ、さっとホームシアター空間に切り替えられます。

天井吊のプロジェクターはブラックで、部屋のシックな雰囲気に合っていますね。

後ろのスピーカーは、プロジェクターを挟んで左右の位置の天井に埋め込まれています。プロジェクター以外は外に出ていないため、圧迫感なくスッキリとしており、いつものリビングの雰囲気のまま、くつろいで映像を鑑賞できそうです。

事例詳細はこちら>>

株式会社 OKUTA LOHAS studio

株式会社 OKUTA LOHAS studio

会社詳細
対応エリア

茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県
※一部エリア除く

カタログ請求

株式会社 桶庄 モアリビング OKESHO

会社詳細
対応エリア

岐阜県、愛知県

カタログ請求

--

--