無料のカタログ請求、見積り依頼、リフォーム事例紹介、リフォーム業者検索など、リフォーム情報が満載!ご利用無料

リフォーム業者の選び方

リフォーム トップ >リフォーム業者の選び方
リフォーム業者の選び方
納得、満足のいくリフォームは、業者選びで決まる。
「やっぱりリフォームをしてよかった!」と、心から満足のいく結果を得るには、リフォーム業者選びが成功のカギを握っています。
ニュースなどで話題になった悪徳業者にひっかからないよう注意することはもちろん、堅実なリフォーム業者であっても、注文したいリフォーム内容が得意がどうか、実績を確かめる必要があります。それでは、自分のリフォームにぴったりの業者を選ぶポイントを確認しましょう。

なぜリフォーム業者選びは難しい?

許認可・届出制度がないため、多種多様なリフォーム業者が存在

ひとくちにリフォーム業界といっても、業者の顔ぶれは多種多様で、レベルも玉石混交です。法律で決められた許認可や届出の制度がないため、技術力や信用力の裏づけがなくても、誰でも「リフォーム業者」を名乗れるからです。また、利用者が必要とするリフォーム内容は、1件ごとに異なり千差万別ですが、万能選手のリフォーム業者は存在せず、得意な工事は業者によってまちまちなことも、満足のいく業者選びが難しい理由のひとつです。



優良リフォーム業者の条件とは?

「提案力」×「施工技術力」×「誠実さ」=満足

それでは、利用者に満足を提供してくれるリフォーム業者が備える条件とは、どのようなものでしょうか。

(1) 「提案力」
新築とは違ってリフォームでは、住まいに何らかの「不満」、「改善が必要な部分」があって実施を検討することがほとんどです。ですから、まずはじめに、課題をていねいに利用者から聞き出し、適確な改善プランをつくる「提案力」がリフォーム業者には求められます。
(2) 「施工技術力」
次に改善を机上のプランだけではなく、実際の工事で実現できる「施工技術力」が要求されます。万能選手のリフォーム業者は案外少ないもので、それぞれに得意分野があるものです。加えて、近隣に迷惑をかけたり住み手に不便な思いをさせないよう、工事全体の管理能力にも秀でていれば文句ありません。
(3) 「誠実さ」
納得のいく明確な見積りを出してくれること。リフォーム実施の際には、工事の段取りや、計画変更時の対応など、きめ細かく対応してくれるなど、「誠実さ」のある業者であることは、やはり絶対の条件です。契約の前段階で、業者の事務所を訪れて雰囲気を確かめたり、担当者の言動や態度に注意を払っておき、安心できる業者を選びたいものです。


悪徳業者に引っかからないために

「訪問販売」、「無料検査」、「値引きキャンペーン」には注意

先にあげた条件を満たすリフォーム業者であれば、自然とリフォーム希望者からの注文が殺到するため、やみくもに一般家庭をまわる「訪問販売」をしたり、「無料検査」や「値引きキャンペーン」をおこなって集客する必要はありません。強引な手法で、営業をおこなっているリフォーム業者のほとんどは、技術や経験、提案力の裏づけの乏しい業者といえます。また、判断力や拒否する力が弱くなった高齢者を狙う、悪徳業者も訪問販売を頼りにしています。こうした活動をしているリフォーム業者には注意が必要です。



複数の優良リフォーム業者を比較して、納得できる選択を

カタログ集めで絞り込み、同一条件での相見積りで徹底比較を

豊富な実績を持つリフォーム業者であれば、施工実績をカタログなどの資料にまとめて用意していることがほとんどです。また、デザインのセンスや改善プランのノウハウも、カタログなどからある程度判断できるので、まずは資料集めをしっかりと行いましょう。

>> カタログ一括請求はこちら

 

自分の好みやニーズにあいそうな業者を絞り込んだら、次に同一のリフォームイメージ、希望条件を複数のリフォーム業者に知らせて、「相見積り」(=同一条件の工事内容で、複数の業者から見積りを取ること)を行いましょう。リフォーム業者により、提示金額や明細内容が微妙に異なってくるので、利用者にとっては一番参考になる情報となるうえ、業者に納得のいくまで質問をする材料も得ることができます。「相見積り」をすることは、リフォームの世界では常識といえるステップですから、遠慮することはありません。
また、ベストリフォームの「一括見積り依頼」のサービスを使えば、より簡単にスピーディに「相見積り」を行うことが可能です。

>> 一括見積り依頼はこちら