無料のカタログ請求、見積り依頼、リフォーム事例紹介、リフォーム業者検索など、リフォーム情報が満載!ご利用無料

リフォームトレンドウォッチ リフォーム?建て替え?どっちがいいの?

リフォーム トップ >リフォームトレンドウォッチ
 リフォーム・トレンドウォッチ vol12
リフォーム?建て替え?どっちがいいの?
リフォーム・トレンドウォッチ
Vol.1 チェックしたい耐震診断
Vol.2 バリアフリーは必須項目
Vol.3 ペットライフを快適に
Vol.4 上手な収納計画
Vol.5 和室から洋室へリフォーム
Vol.6 今、見直される和室のよさ
Vol.7 ロハスとリフォーム
Vol.8 素敵なリフォームデザイン
Vol.9 耐震リフォームの好機
Vol.10 資産をアップさせるリフォーム
Vol.11 学問から見るリフォーム
Vol.11 リフォーム?建て替え?どっちがいいの?
匠が語るリフォーム
Vol.1 建て替えのできない家
Vol.2 築80年の日本家屋
Vol.3 アパートを快適リフォーム

 「リフォームにするべきか、それとも建て替えてしまうべきか」。家が古くなってきたと感じる人の多くが悩む問題です。
 答えは、「ケースバイケース」です。
現在住んでいる家屋の状態はどうなのか、これからのライフスタイルや将来的な家族構成はどのようになっているのか、更には土地の状況など、すべてを加味しながら決めなければなりません。今回は、リフォームと建て替えのそれぞれのメリット・デメリットについて比較してみましょう。

まずは、比較一覧を見てみましょう。

  メリット デメリット
リフォーム
  • 気になる箇所のみできる
  • 住みながら工事ができる
  • 同じ家に住み続けられる
  • 工事費が安く済む
  • 間取り等の自由度が低い
  • 耐久年数が建て替えに比べ短くなる
  • 工事費が割高になる
建て替え
  • 間取り等の自由度が高い
  • 改めて耐震等の安全性を得られる
  • 工事費が割安になる可能性が高い
  • 使える箇所もすべて取り壊す
  • 現状より狭い家になる可能性がある
  • 仮住まいへの引越しが必要
  • 工事費が割高になる

リフォームのメリットとして1番大きいのは、なんと言っても今まで住んでいた家に住み続けられることです。
家というものは住んでみて初めて使いやすさ、使いにくさが見えてくるものです。
長年付き合ってきた中で不便だった、不満だった点をリフォームすることでより理想に近い家にすることができます。

一方、リフォームのデメリットとしては、間取りや階段の場所変更等ができない可能性があります。構造上の問題等でどうしても希望が叶わないこともあります。さらに、大掛かりなリフォームになるとそれだけ費用がかかります。特に水まわりの移動や間取りの大幅変更は意外に大きな出費が伴います。返済のことも考えて、無理はせず予算は控えめになるように心がけましょう。

建て替えのメリットは、新しいライフスタイルに対応することができる、ということです。
リフォーム対応ではどうしても制限があってこれからの生活には合わない、という場合には建て替えがお勧めです。
家を解体して1から作り直すので耐久性・耐震性も良くなりますし、外観等の見た目も綺麗になります。これから長く家と付き合っていこうと考えている方は建て替えを視野に入れてみてもよいかと思います。
 建て替えのデメリットとしては、引越しや家屋の解体、廃棄等の工事費以外の経費がかかるという点です。また建築中は仮住まい等に住むことになり金銭意外にも時間的手間もかかることになります。また、現在の家が建った後に建築基準法や地域の条令が改正された場合、新しい家は昔よりも小さくなってしまう場合があります。

このように、どちらにもメリット、デメリットはあり、万人に共通する答えというものはありません。納得できるリフォーム、建て替えをするためにも、まずは専門家の意見を伺ってみるのがよいでしょう。
ベスト@リフォームでは、ハウスメーカー系の大手リフォーム会社や、新築を取り扱うリフォーム会社が参加しています。カタログ請求や見積り請求の際、リフォーム会社への要望欄に、質問としてご記入してみてください。お客様の不安や疑問をひとつひとつ取り除いていく手助けを、各担当者がアドバイスと共に親身に対応してくれるはずです。是非利用してみてください。

まず資料を見てみたい方は「カタログ請求」、ざっくりとした見積りを取りたい方は「一括見積り依頼」を利用してみてください。



一括見積依頼 カタログ請求