無料のカタログ請求、見積り依頼、リフォーム事例紹介、リフォーム業者検索など、リフォーム情報が満載!ご利用無料

リフォームトレンドウォッチ ペットライフを豊かにするリフォーム術

リフォーム トップ >リフォームトレンドウォッチ
 リフォーム・トレンドウォッチ vol03
ペットライフを豊かにするリフォーム術
リフォーム・トレンドウォッチ
Vol.1 チェックしたい耐震診断
Vol.2 バリアフリーは必須項目
Vol.3 ペットライフを快適に
Vol.4 上手な収納計画
Vol.5 和室から洋室へリフォーム
Vol.6 今、見直される和室のよさ
Vol.7 ロハスとリフォーム
Vol.8 素敵なリフォームデザイン
Vol.9 耐震リフォームの好機
Vol.10 資産をアップさせるリフォーム
Vol.11 学問から見るリフォーム
Vol.11 リフォーム?建て替え?どっちがいいの?
匠が語るリフォーム
Vol.1 建て替えのできない家
Vol.2 築80年の日本家屋
Vol.3 アパートを快適リフォーム

 ペットフード工業会の調査(平成15年)によると、ペットとして飼育されている犬と猫(内猫)の数は約1800万頭と推定されています。平成(元年〜15年)の人間の子どもの出生数合計は約1800万人ですから、いかにペットを飼っているご家庭が増えているかがわかります。いまや家族の一員として欠かせない存在のペットたちとともに快適に暮らせるリフォームについて考えてみましょう。

「癒し」の存在を求め、増えるペット愛好者たち
 ペットを飼う人が急増しています。国民生活白書の「国民生活選好度調査」(2001年)によると、「ペットも家族の一員である」と思う人の割合は全体で64%。また、「動物愛護に関する世論調査」(2000年)では、今後人とペットの関係は「家族の一員同様にともに生活する世帯が増える」が43%と、もっとも高くなっています。
そして、ペットを飼っている理由は、「家族が動物好きだから」が57%でもっとも高いのですが、それについで「気持ちがやわらぐ(まぎれる)から」が46%と2番目に高くなっていて、こうした「癒し」をペットに求める気持ちが、最近特に強くなっているようです。実際、ペットにはストレス緩和の精神的作用や、日常の運動や動作が増えることでの生理的・身体的作用の効用があるということもいわれています。
 
狽「始めてみると、「傷・匂い・汚れ」問題続出
 しかし、いざ飼い始めてみると、可愛いだけではすまされない具体的な問題が次々と発生してきます。特に住居に関しては、ペットによる「傷・匂い・汚れ」から免れることは難しいでしょう。「フローリングが犬や猫の爪で傷だらけになった」「壁や柱で爪とぎされて、クロスもびりびりになってしまった」「じゅうたんは抜け毛だらけで、その上粗相されたら、汚れや匂いがなかなか落ちない」など、せっかくの家族の癒しの存在が、同時に頭を痛める存在にもなりかねません。
また、ペットが直接舐めたりかじったりする建材の安全性も気になります。かといって、ケージの中に閉じ込めっぱなしにしておくのは、ペット自身の健康にとってもよくありません。

ペットと人が快適になるリフォームの大事なポイントとは
 そこで、家族の大事な一員でもあるペットの健康と、飼い主の利便性を大きく改善してくれるのがペットリフォームです。最近は最初からペットとの共生をうたった集合住宅や戸建住宅も増え人気のようですが、今の住まいでペットとの暮らしをもっと楽しみたいのなら、リフォームが近道です。
"滑りにくい。傷がつきにくく剥がれにくいなど丈夫で、しかも交換がしやすい。匂いがつきにくく、掃除もしやすい。舐めたりかじったりしても安心。"
こう考えると、ペットにとって優しい家作りは、人にとっても住みやすい住空間になるはずです。限られた空間で、人と動物が仲良く快適に暮らすのは、ちょっとした工夫が欠かせません。

ペットと人が快適になるリフォームの大事なポイントとは
 「どんな動物と、どんなライフスタイルを実践するか?」を考えましょう。
「傷・匂い・汚れ」はどんなペットにも共通ですから、匂い、汚れが染み付きにくく雑菌の繁殖しない素材を使い、床であればペットが滑りにくく傷つきにくい床にしましょう。それでも、やはり傷がつくことはありますから、たった1ヵ所のために大幅な貼り替えなどをしなくてもいいような素材が望ましいでしょう。床については、床下へ水分がしみこまないような特殊コーティングもあります。
また壁紙では、表面にフィルムラミネート加工を施し、汚れに強く、どんな汚れも簡単に洗い落とすことができる便利な素材のものが登場。内装後の化学物質の放出を抑える効果もあり、近年よく耳にする「シックハウス現象」対策としても有効です。
 こうした基本を押さえた上で、犬や猫それぞれに特有の性癖にも対応した快適な住環境作りをしていきましょう。たとえば、集合住宅での室内飼いの中・大型犬などであれば、走り回る際の階下への防音対策、猫が飛びついても開けられないドアノブや破かれない網戸など。ペットにとって快適な環境でありながら、飼い主にとっても快適で効率的に世話ができるような環境をいかに用意するかが大事です。
いずれにしても、豊富なノウハウを持つ専門家とまず話し合うのが、ベストプランへの近道ではないでしょうか。


一括見積依頼 カタログ請求